絵本『かみさまになったゆうれい』

台風が来る関係で明日から気温が下がるらしいですね。
去った後でもしばらく落ちついててくれるとありがたいのですが。

そんなこんなで調べもの中に出会った本の紹介でも。

かみさまになったゆうれい』(amazon.co.jpより)
書籍は、「The ghost of the river」の日本語版。
ついでに中国語版の書名は「王六郎」。

ある漁師が川で網をかけ月明かりのもと、ゆっくり酒を
飲んでいると川岸にわかい男が通るのを見かけ「一緒に
一杯やらんか?」と誘う所から話しは始まる。

話しは、この二人の絆を描いた物語。

2人は付き合ううちに気が合い、友情を深め仲良くなって
いく。そして、ある事情で別れ再び再開するまで
長い長い旅が待っています。

舞台になったのは中国の山東省(さんとうしょう)、
黄河の下流に位置する臨淄(リンツー)という所。
もとになる言伝えや伝承があるのかと思っていましたが、
それらしいものは見つける事ができませんでした。

山東省(さんとうしょう)は、有名な著名人の出身地
でもあり、孔子・孟子・諸葛亮などがここの生まれの
ようです。絵本は、「その大きな川で」という事から、
もしかしたら黄河の事かも知れない。

一人は、ひょろりとして青白く、もう一方は体格がよく
怒ったら怖そな漁師に見えるけど物静かな男。
この二人の誠実っぷりが何とも心うたれ優しい気分に
させてくれます。

c0021459_23425816.jpg

[PR]
Commented by はるはる at 2006-08-08 11:32 x
初めまして。この度はTBいただきありがとうございました。何度読んでもいい話ですよね。こんなふうに仲良くお酒を呑む友人がいる、というのも羨ましいです。これからもどうぞよろしく~♪
Commented by kikutiyo31 at 2006-08-18 23:10
はるはるさん、はじめまして。文字が多いし長い話しで途中で飽きるかなと思いきや一気に読み終えてしまいました。また、絵本紹介でTBさせて貰う事があるかも知れませんが、その時はどうぞ宜しくお願い致します。
by kikutiyo31 | 2006-08-07 23:52 | 既製作品紹介 | Comments(2)

お寄りいただきありがとうございます。座りながらでも、どうぞごゆっくりお寛ぎください。


by ゆちよ