【Universe Sandbox2】太陽系外惑星・TRAPPIST-1・ハビタブルゾーン

こちらでは、ご無沙汰になっております。
しばらく、こちらに手が回らなかったので寂しい思いをしておりましたが、先ほど、Universe Sandbox 2を使った動画の新作をやっとこさ公開しました。

今回の宇宙の砂場は『太陽系外惑星』です。

先月(2017年2月22日)にNASAが、TRAPPIST-1の惑星確認の発表があった3、4日後にソフトもupdateされました。その記念もありまして、太陽系外惑星について取り上げています。その他にも、太陽の周りに等間隔に地球を置いたら、どう環境が変化していくか?の気象シミュレーションの実験コーナーも作成しました。

今度こそ、宇宙に人類の他にも生命がいるという発見・発表を願って、興味とお時間がありましたら、どうぞご覧になっていただけると幸いです。



<天文単位とは>
映像で解説している「天文単位」は、地球と太陽の平均距離を1とした単位で、主に太陽系内での距離を表すのに用いられます。1天文単位は、約1億5,000万kmになります。

<太陽から惑星までの距離(天文単位)>
水星 0.38 AU
金星 0.72 AU
地球 1.0 AU
火星 1.5 AU
木星 5.2 AU
土星 9.5 AU
天王星 19.2 AU
海王星 30.1 AU


[PR]
by kikutiyo31 | 2017-03-05 10:28 | HP更新状況 | Comments(0)

お寄りいただきありがとうございます。座りながらでも、どうぞごゆっくりお寛ぎください。


by ゆちよ